「労働環境の改善は従業員を守るため!」


企業側は労働安全衛生法に従って、自社の従業員に対して必ず安全・衛生教育を行う必要
があるわけですが、その一端を担うのが企業看護師で、適切な指導が求められます。


労働環境に問題があれば正さなければなりませんので、その役割は非常に大きなものです。
もし室内で粉塵を吸い込む可能性が高いと判断したら、企業側に改善を求めていきます。


従業員が日々の業務の中で粉塵を吸い込むことで肺ガンなどの病気を患うリスクがあるから
です。こうした点をしっかり指摘したうえで、相応しい作業環境に改善することを提案します。



「労働衛生教育はこんなときこそ必要です」


普通のオフィスで粉塵を吸ってしまうような状況は想像しがたいですが、製造業を中心とした
会社の工場であれば、残念ながら作業ではある程度避けられないのが現状です。


一日に吸う量が人体に問題ない微量であっても、長い期間に渡って吸い続けることによって、
従業員の健康を損ねる可能性が十分あるので、こうした状況を見過ごすわけにはいきません。


また、長期間にわたって騒音が激しい環境の中で作業することによって、身体が慣れてしまい、
従業員本人が気づかないまま健康を害すケースが少なくありません。改善するにあたっては、
具体的な騒音の基準、騒音による自覚症状などの知識を提供しなければなりません。



「季節に応じてやらなければならないこととは?」


季節の変わり目に体調が悪化するケースが増えています!。ご存知のとおり、冬に突然春の
陽気になったり、夏に初冬のような陽気になったり四季が四季でなくなりつつあります。


環境の変化に身体が適応できないため体調を崩してしまうわけですが、温度と湿度に関して
衛生面で問題のある環境で働くと喘息などの病気の原因となってしまう可能性があります。


衛生環境は夏の温度、冬の湿度など季節によって変化しますので、夏だからといって同じ設定
で通そうとするのは意味がないわけです。常ににその時々の状況に合わせなければなりません。
快適かつ安全・衛生的な環境を維持するためには相当の知識が求められます。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »