「従業員の心の問題」


本格的に日本経済を立て直す動きが見られ始め、ようやく景気に明るい兆しが見え始めて
いますが、倒産件数は改善されていませんし、ブラック企業が社会問題となっています。


残念ながら従業員にとって労働環境が良い状況にあるとは到底いえません。事実1998年
から一度も自殺者が3万人を切ったことはありません。深刻な状況は今後も続きそうです。


このうち約1割が仕事に関連した問題(職場でのストレスや過労など)が原因となっています。
親族が会社を訴えるケースが増えていまして、メディアでも度々取り上げられてます。



「なぜメンタルヘルス対策が必要なのか?」


こうした従業員の心のケアも企業が負わなければならない時代にありながら実際にメンタル
ヘルス対策に取り組んでいる企業は全体の3割程度となっています。


我が国は先進国の中では最もこうした問題に対する取り組みが遅れています。厚生労働省
は2010年に「自殺・うつ病対策プロジェクトチーム」をスタートさせました。


職場でのメンタルヘルス対策だけでなく、職場復帰支援の充実をはかるために取り組んでる
のですが、多くの方が心の病に対する偏見は中々改善されそうにありません。



「メンタルヘルス対策での企業看護師の重要性について」


企業看護師はカウンセラーではないので、正面を切って従業員のメンタルヘルス対策に取り
組むことはありませんが、ちょっとした従業員の心のケアも重要な仕事となります。


働きながらメンタルヘルス対策に関する知識とスキルを身につけていきます。人によっては、
より実践的な資格を取得して、自ら真剣にメンタルヘルス対策に取り組む方もいます。


こうした動きが広がっていけば、従業員の方が働きやすい環境が整っていきます。ですので、
メンタルヘルス対策における企業看護師が果たす役割は今後益々大きくなります。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »