「特定健診・特定保健指導とは?」


2008年4月より、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした特定健診・特定保健
指導がスタートしたことによって、企業看護師の需要が一気に拡大することになりました。


少子高齢化が急速に進み、毎年医療費が増大していることから、財政を逼迫しています。これら
の問題を解消するために特定健診・特定保健指導が導入されることになったわけです。


特定健診・特定保健指導が導入されてからメタボ対策として医薬品メーカーが飲料水などの事業
に参入し、大手メディアでもメタボ対策関連した広告を沢山見かけるようになりました。



「特定健診・特定保健指導における企業看護師の重要性について」


中高年の方が肥満体型になると中々痩せることができません。生活習慣を改善するのが容易では
ないからです。肥満は万病の元といわれるくらい、様々な疾病の要因の一つとされています。


また、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と判定された人の医療費は、その他の人に比べ
て平均すると年約9万円高くなっていると厚生労働省から発表されました。これは本当に深刻です。


国が医療費の7割負担しているわけですから、今後さらに財政が厳しい状況に追い込まれないよう
にするためにも、特定健診・特定保健指導は重要ですし、当然企業看護師の役割も重要です。



「特定健診・特定保健指導で企業看護師の仕事とは?」


特定検診・特定保健指導は別名「メタボ健診」と呼ばれていますが、簡単にいうと生活習慣病を防ぐ
ための健診です。生活習慣病の代表的なものが高血圧、高脂血症、糖尿病です。


検診を行うことによって、生活習慣病を発症するリスクを抱えていないか判断し、必要なら生活指導
を行います。これが特定健診・特定保健指導における企業看護師の主な仕事です。


健診内容についてですが、腹囲の測定とBMIの算出し、基準値を上回り、生活習慣病のリスクがある
と判断されると、血糖値や脂質、血圧などを測定し、最終的に危険度をクラス分けされます。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくありません。
そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師として働く
うえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »