「特定健診・特定保健指導における企業看護師の役割」


企業看護師は特定健診・特定保健指導のサポートを行うのが主な仕事となります。サポート
といっても、健診には沢山の人達が関わりますので、その役割は非常に重要です!。


基本的な測定は企業看護師が担当する場合が圧倒的に多いです。時間に限りがあるので、
健診に参加された人達を誘導し、健診がスムーズに進められるようにしなければなりません。


健診が終わったら健診結果の管理を行わなければなりません。これも企業看護師の重要な
仕事です。健診結果によってクラス分けされると、それにあった保健指導を行います。



「検診結果の管理も重要な仕事です」


実際の保険指導は原則的に医師が全て行います。医師が常駐している企業の場合は、企業
看護師は医師をサポートする形で各従業員の保健指導に関わることになります。


そして、医師が常駐していない企業の場合は、企業看護師が保健指導を受けている各従業員
の日常生活における健康状態をチェックし、保健指導が守られているか確認します。


ですので企業看護師は従業員と接する時間が長いので仕事に慣れてくると、ちょっとした会話
の中からも変化に気づくようになります。結果として従業員の健康が守られることになります。



「企業看護師の重要性がさらに高まる!」


世界規模で成人病が急速に拡大していますので、医療費の増大に関する問題は、先進国では
どこも深刻です。ですので、特定健診・特定保健指導の役割は非常に大きいです。


受診率や保健移動実施率が上がることによって必然的に保健組合や自治体の後期高齢者医療
制度に関する財政負担が緩和されます。こうした動きが広がれば国の負担も減ります。


ですので、企業看護師が果たす役割は非常に大きいです。勤務する企業や健診機関だけでなく、
広く住民全体が健康的な生活を送るうえで特定健診・特定保健指導は欠かすことができません。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくありません。
そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師として働く
うえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »