求人看護師として転職する場合、求人件数が病院などの医療機関ほど多くないので、しっかりと 準備する必要があります。企業看護師として働くためのポイントを分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
「企業看護師になるなら今がチャンス!」 看護師さんの多くが病院やクリニックなどの医療機関に勤務しています。しかし、最近では 看護師さんが活躍できる場が急速に増えており、一般企業での需要も拡大してます。 「一般企業に看護師さんが勤務している
「企業看護師になるには特別な資格が必要なの?」 企業看護師として一般の企業に転職するには、当然のことながら看護師資格を有していな ければなりません。また、看護師として3年程度の勤務経験が必要とされます。 それ以外にも「第一種衛生管理者免許
「未経験でも求人先に合わせて実務経験をアピール!」 企業看護師の求人についてですが、基本的に採用する企業側の意向によって採用条件は 異なります。求人情報から企業側が求める人材像をしっかり把握する必要があります。 企業看護師として職務経験が
「医療現場以外で看護師の資格を生かせる!」 せっかく苦労して看護師や保健師の資格を取得しても、様々な理由によって医療の現場 で働いた経験がない、いわゆる潜在看護師の方が想像以上に多いのが現実です。 しかし、保健師は分かりますが、看護師の資
「職場は常に少数精鋭体制です!」 企業看護師は医療機関で働く看護師のように夜勤はありませんし、土日祝日が完全休み なので一般企業に務めるOLさんと同じ感覚で働ける点は大きなメリットです。 しかし、メリットばかりではありません。企業看護師と
「産業保健師・企業看護師に対する世間の認識」 世間での看護師のイメージというと「病院で働いている」というイメージが依然として強い です。しかし、看護師の職場は、もはや医療機関だけでなく、多岐に渡っています!。 一方、保健師に関する世間の認
「企業によって雇用条件が異なります!」 企業看護師として企業の医務室で働くにあたり、全てが同じ条件で働けるというわけでは ないことを頭に入れておく必要があります。病院から転職される方は注意してください。 あまりにも企業看護師の仕事に対して
「仕事によって制服のタイプが異なります!」 企業看護師として一般企業で働くにあたり、気になるのが「どのような格好で働くのか?」 ではないでしょうか?。特に女性であれば気にならないわけがありませんよね。 病院で勤務されていたときには看護師の
「仕事によって求められるスキルが異なります!」 良く混乱してしまうのは 産業保健師と産業看護師の違いについてです。仕事の中身は 基本的に同じでありながら、二つの名称に分かれていますので無理もありません!。 基本的に「産業保健師」、「産業看
「企業看護師の求人倍率は高い!」 一般企業の医務室や健康管理室で企業看護師として働くことを希望されている看護師さん が気になるのが求人の数ですよね?。残念ながら求人の数はそれほど多くありません。 医務室や健康管理室がある企業の数にも限りが