「企業看護師になるなら今がチャンス!」


看護師さんの多くが病院やクリニックなどの医療機関に勤務しています。しかし、最近では
看護師さんが活躍できる場が急速に増えており、一般企業での需要も拡大してます。


「一般企業に看護師さんが勤務している」と、聞くと一般の人はピンとこないかもしれません
が、ある程度規模が大きい企業には従業員のための医務室や健康管理室があります。


看護師としての資格があれば企業看護師もしくは産業保健師として働くことができます!。
病院勤務から企業看護師としてキャリアチェンジを検討しているのなら今がチャンスです。



「企業看護師の求人はなぜ少ないの?」


ようやく日本経済に明るい兆しが見えてきたからです。企業看護師の求人は医療機関ほど
多くありませんので、希望に合う求人を探すのは決して簡単ではありません。


今後業績拡大に伴って、これまで不足しがちな従業員を補充した後くらいから企業看護師
の求人も増える可能性が高いです。じっくり腰をすえて転職活動されると良いでしょう。


企業看護師の仕事内容は、会社の従業員数や風土によって微妙に異なりますが、今回は
一般企業で働く企業内看護師の仕事内容について簡単にまとめさせていただきました。



「なぜ企業看護師が必要なのか?」


従業員が業務中に何らかのアクシデントで怪我を負ってしまうと、業務に支障をきたすこと
になります。当然のことながら心身ともに健康でなければ良い仕事はできませんよね。


従業員の健康を守ることによって会社の生産性を高め、業績を高めることができるわけです。
そのため医務室を設けて管理しているわけですが、企業看護師の果たす役割は大きいです。


そして、産業医や衛生管理者、安全担当者、人事労務担当者などと協力しあうことによって、
産業保健活動5管理の実施を通して企業の労働安全衛生を支えています。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »