「職場は常に少数精鋭体制です!」


企業看護師は医療機関で働く看護師のように夜勤はありませんし、土日祝日が完全休み
なので一般企業に務めるOLさんと同じ感覚で働ける点は大きなメリットです。


しかし、メリットばかりではありません。企業看護師として働く上で デメリット も当然のこと
ながらありますので、デメリットについても軽く触れさせていただきたたいと思います。


基本的に企業看護師として一般企業で働く場合、同僚と呼べる職場の仲間が少ないのが
難点です。少数精鋭で従業員の健康管理・保健指導などを行うので仕方がないんです。



「仕事中に寂しさを感じることも」


看護学校や大学で共に学んだ仲間たちや先輩看護師の中で、実際に企業看護師として
働いている人は恐らくそれほど多く無いのではないでしょうか?。


そうであるならば、会社の同僚以外で 相談できる人がいないわけですから、企業看護師
として入社した後にも余計に孤独を感じることになるかもしれません!。


特に大型病院で沢山の医療スタッフと共に働いてきた看護師さんからすれば仕事や環境
に慣れるまでは寂しさを相当感じると思います。この点に関しては予め覚悟が必要です。
ですので、会社の従業員さんとのコミュニケーションを積極的に行なって下さい!。



「転職するうえでのハードルが高い?」


長期間に渡って病院などの医療機関で看護師として真面目に働いてきた方からすれば、
いくら企業看護師の仕事に興味があっても、一般企業で働くことに対して不安があります。


看護師の知識と経験が生かせるからといって、病院での仕事とは勝手がまったく違いま
すので不安に感ずるのは当然です。しかし、企業で働くメリットはそれ以上にあります。


企業看護師として必要な知識を身につけたいという思いが、とことん成長させてくれます。
そうした中で必要な知識を身につけることで、さらに社内での評価が高まります。



「企業看護師として転職するには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »