「医療現場以外で看護師の資格を生かせる!」


せっかく苦労して看護師や保健師の資格を取得しても、様々な理由によって医療の現場
で働いた経験がない、いわゆる潜在看護師の方が想像以上に多いのが現実です。


しかし、保健師は分かりますが、看護師の資格を有していながら「病院で働きたくない」と
聞くと一般の人達からすれば単なるわがままと思われるかもしれませんね。


一般的に看護師の国家資格を取得したら病院で働くものと思われがちです。しかし、企業
看護師として働くのであれば、看護師の資格は病院以外でも生かすことができます。



「土日祝日が普通に休める」


一般企業の医務室や健康管理室だけが企業看護師の職場ではありません。他にもCRC、
CRAといった治験業界やクリニカルスペシャリストとして働くことができます。


医療現場では 勤務シフトが複雑であるため、夜勤・日勤を繰り返すため、体調管理が非常
に難しく、休みも取りづらいので、プライベートを充実させるのが困難です。


一方、企業で働く企業看護師は病院などの医療現場と異なり、夜勤がありません。しかも、
土日祝日は原則的に休みなのでプライベートを友人や家族と過ごすことが普通にできます。
一般企業のOLさんに近い感覚で働ける点が大きな魅力となっています。



「社会との繋がりを感じることができる」


一般企業で企業看護師として働く場合、少数精鋭で働くことになりますので、やらなければ
ならないことが沢山あります。その分責任も大きいですが、やり甲斐も大きいです。


医療現場以外の人達からすると病院はある意味特殊な世界なので、一般企業に勤務する
友人と接すると大なり小なり違和感を感じることも少なくありません。


自分だけが取り残されてしまう恐怖感に似たような思いに苦しんでいる看護師さんも少なく
ありません。病院勤務から企業看護師として転職すると社会の繋がりを感じるようです。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »