「未経験でも求人先に合わせて実務経験をアピール!」


企業看護師の求人についてですが、基本的に採用する企業側の意向によって採用条件は
異なります。求人情報から企業側が求める人材像をしっかり把握する必要があります。


企業看護師として職務経験がないからといって簡単にあきらめないで下さい。看護師として
の実務経験をどのように生かせるか、しっかり考えてアピールすれば大丈夫です。


求人先の事業形態によって求められる役割が微妙に異なります。企業看護師が働ける職場
を以下の通り大きく3つに分けて、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。



■大きな工場がある企業の場合

工場では作業中に怪我をしたり、突発的に病気が発症するケースがあります。そうした場合
には応急処置を行わなければなりませんので、看護師としての臨床経験が生かせます。


求人情報には企業内医務室、保健室、企業内診療所、健康管理室といった名称が記載され
ているので、求人情報から企業側が求める要素をしっかりと把握したうえで、看護師としての
これまでの経験と実務能力をアピールすることが大切です!。



■従業員の数が1万人以上を超える大手企業の場合

大企業の場合は従業員の数が途方もなく多いので健康管理・健康診断を一度に行うことが
できません。このため年間を通じて健康管理・健康診断を何度も行わなければなりません。


そして、従業員の数が多いので管理しなければならないデータ量が半端ではありません!。
このため衛生管理者の資格や保健師資格があると有利に転職を進められます。


また、常に沢山の従業員と接しなければなりません。企業側は出来るだけ問題を起こさない
ためにも、人間性やコミュニケーション能力を重視するケースが少なくありません。



■治験関連企業の場合
治験コーディネーター(CRC)は薬を服用する被験者(患者)さんへ治験に関する説明などを
行うわけですが、被験者への対応が圧倒的に多いです。このため病院で患者さんに医療的
ケアを行なっていた時の経験が生かせます。この点をしっかりアピールしましょう!。



「企業看護師として働くには?」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>



ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »