「仕事によって求められるスキルが異なります!」


良く混乱してしまうのは 産業保健師と産業看護師の違いについてです。仕事の中身は
基本的に同じでありながら、二つの名称に分かれていますので無理もありません!。


基本的に「産業保健師」、「産業看護師」を分けるのではなく、「産業看護職」と呼ぶのが
一般的とされています。名称を分けているのには明確な理由があります!。


求人企業によって産業看護職に求められる技術や経験が異なるためです。例えば業務
の中心が従業員の健康診断及び健康管理(保健指導を含む)であれば、保健師さんの
方が看護師さんよりも好まれる可能性が圧倒的に高いです。



「保健師が有利なケースとは?」


健康管理室では健康相談だけでなく、従業員が業務中に何らかのトラブルにより突発的
な怪我や病気を患った場合に治療も行いますので、確かな知識と経験が求められます。


企業の規模によっては複数の産業看護職の従業員を配置しています。求人の多くが1人
のケースが多いですが、企業によって二人以上の従業員を募集するケースもあります。


よく看護師さんから 「 産業看護師・保健師として働くには、保健師の資格が必要か? 」 と
いった 問い合わせを受けますが、基本的に看護師として 働いた経験は高く評価されます
ので、絶対に取得しなければならないわけではありません。


また、求人企業の事業内容や企業側が求めるスキルや経験によって異なります。



「看護師でも問題ないケースとは?」


企業の医務室に勤務する場合は、業務の大半は病気や怪我の処置となります。そのため、
保健師と看護師の両方を区別せずに募集している場合が圧倒的に多いです。


医務室に常時産業医が 配置されていれば、 突発的に従業員の怪我や病気の医療的ケア
を行うにあたって、保健師の資格を有していない看護師さんでも十分対応できるからです。


しかし、企業によっては臨床経験や保健指導のスキルを求められます。こうした場合には、
やはりどうしても保健師として経験がある方のほうが高く評価されます。



「企業看護師働くためには情報が不可欠!」


病院勤務から企業看護師として一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なくあり
ません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれるので、企業看護師
として働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »