夜勤を避ける看護師さんが少なく無い中で夜勤専従看護師として転職されるケースが 増えています。夜勤専従看護師の魅力について分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
「夜勤専従看護師の人気が高い理由」 夜勤を嫌がる看護師さんが多い中で、夜間勤務だけを行なう「夜勤専従看護師」が増えてます。 こうした背景には夜勤専従看護師の給与が良い点が大きな要因としてあげられます。 看護師さんの給与水準が平均よりもかな
「夜勤パートで働く女性看護師が増えている」 消費増税が決まってからというもの、上向いていてた景気もすっかり冷え込んでしまいました。 残念ながら一部の企業をのぞいて、どこも経営環境が厳しい状況にあります。 こうした影響から、ご主人が勤務され
「夜勤専従の給料は本当に高額なのか?」 夜勤専従のアルバイトは、1回の夜勤手当が3万円~4万円が相場となっています。これに たいして常勤で夜勤専従勤務となると、1回あたりの夜勤手当は1万5,000円程度です。 病院によって、夜勤手当などの
「夜勤専従看護師の情報を疑ってみる」 夜勤専従看護師の需要が拡大している理由として 「給与が高い」、「勤務日数が少ない」、 時間 を有効に使えるといった点があげられます。メリットがあればデメリットも当然あります。 しかし 実際に働いて
「職場に配置される人数が少ない!」 まず 夜勤の現場は、少数精鋭で対応しなければならないわけですから、配置される看護師さん の数は当然のことながら少ないです。何かあれば冷静に迅速に対応しなければなりません。 また特別養護老人ホームなど福祉
「子育と仕事を両立させている夜勤専従看護師が増えている」 一般の会社に勤めている女性からすると、夜勤専従看護師として夜勤をこなしながら子育て することは到底考えられないようです。しかし、ここ最近そうした看護師さんが増えています。 現状では
「食事は出来るだけ手を抜く!」 家事で一番時間が取られるのは、何と言っても食事ですよね。食事の用意についてですが、 これは各家庭によって色々工夫しています。これも出来るだけ手を抜くのがいいようです。 例えば晩ご飯と朝ご飯をまとめて作り置き
「福祉系だからといって楽ではない!」 夜勤専従看護師の間で人気の高い職場というのが、 必ずしも恵まれた環境にあるわけでは ありません。例えば老人病院や福祉系の職場は夜勤専従看護師が多い職場の一つです。 医療的ケアを行う機会が一般病院よりも
「緩和ケア病棟での夜勤専従の需要拡大」 緩和ケアを導入し、がん治療の初期段階からしっかりケアすることで、がん患者とその家族の 療養生活にかかる負担を軽減します。こうした取り組みが日本国内でも広く浸透しています。 このため緩和病棟を新設する
「夜勤専従看護師として働くための条件」 夜勤専従看護師として働くにあたって二つの注意点があります。まず常勤の求人がほとんど ないということ、そして看護師としての経験が乏しい看護師さんが働くには厳しいことです。 この二つの条件が問題なければ
| 1 | 2 | 3 | 次ページ >>