「職場に配置される人数が少ない!」


まず 夜勤の現場は、少数精鋭で対応しなければならないわけですから、配置される看護師さん
の数は当然のことながら少ないです。何かあれば冷静に迅速に対応しなければなりません。


また特別養護老人ホームなど福祉系の職場などは、当日夜勤をする従業員が病院よりもさらに
少なく、看護師さんは夜勤専従常勤の看護師さん一人だけのケースが少なくありません。


患者さんに異変が起これば当然のことながら一人で適切な処置を行わなければならないので、
ある程度経験とスキルの高い看護師さんでなければ夜勤専従の仕事は難しいです。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>





「経験・スキルのない看護師には厳しい!」


経験の浅い看護師が夜勤専従看護師として働くのは困難を極めます。人命に関わることなので、
経験が少ない方には夜勤専従看護師として働くことは正直おススメできません。


それでも夜勤専従看護師として働きたいのであれば、点滴の管理、体位交換、トイレなどの介助、
検温などの業務を1人でこなせるか考えてみてください。無理だと思ったら、あきらめて下さい。





「常勤の求人がほとんどない!」


夜勤専従看護師の需要は年々拡大傾向にありますが、実際の求人の中身を見てみると、大半が
パート・アルバイトです。常勤の求人が全くないわけではないのですが、ほとんどありません。


常勤で夜勤専従看護師として働くことができれば、福利厚生も他の常勤看護師同様に受けること
ができるので、安心して働くことができます。しかし、残念ながら求人数がとにかく少ないです。


求人数が少ないため、非公開での求人募集をかけるケースが多いので、非公開求人数を多く保有
する看護師転職サイトに登録して応募するのが一番効率よく応募することができます。


【 看護師限定求人 】「お金も働きかたにもこだわろう!」 >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »