「夜勤専従看護師の情報を疑ってみる」



夜勤専従看護師の需要が拡大している理由として 「給与が高い」、「勤務日数が少ない」、 時間
を有効に使えるといった点があげられます。メリットがあればデメリットも当然あります。


しかし 実際に働いてみるとメリットと言われていたことが実はデメリットだったり、反対にデメリット
といわれていたことが、メリットだったりすることも当然のことながらあるわけです。


今回はデメリットとされている「 体調管理の難しさ 」について解説させいただきます。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>





「夜勤専従看護師は体調管理が難しいはうそ?」


看護師さんが働く医療現場以外でも「 夜勤 」をすると体調管理が難しいことから、「 生活リズム 」
が狂いやすいので、日常生活において様々な弊害が生じると言われています。


しかし、意外に思われるかもしれませんが、体調を崩しやすくて、生活のリズムが乱れやすいのは
常勤、非常勤で「2交代勤務」、「3交代勤務」をこなさなければならない看護師さんの方なんです。


日勤と夜勤をこなしている関係で、生活リズムを取るのが難しいうえに、寝る時間が一定ではない
ため、疲れがなかなか取れません。このため体調を崩してしまいがちです。





「夜勤専従看護師の方が心と身体への負担が軽い!」


夜勤専従看護師として勤務されている方の方が体調管理は簡単です。なぜなら夜型の生活に切り
替わっても、毎日同じ時間帯に寝ることができるので、体が自然と夜型の生活に順応します。


毎日同じ時間に寝ることができれば、心と体のバランスも安定します。また、空いている時間に仮眠
を効果的に取ることによって、疲れがたまっていても、回復させることができます。


他の看護師さんが働いている時間にプライベートな時間を満喫出来るのも大きな魅力です。


【 看護師限定求人 】「お金も働きかたにもこだわろう!」 >>





ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »