「緩和ケア病棟での夜勤専従の需要拡大」


緩和ケアを導入し、がん治療の初期段階からしっかりケアすることで、がん患者とその家族の
療養生活にかかる負担を軽減します。こうした取り組みが日本国内でも広く浸透しています。


このため緩和病棟を新設する病院が急速に増えていますので、今後さらに緩和ケアの需要が
拡大することが予想されています。需要が拡大すれば、その分の看護師さんが必要です。


この緩和ケア病棟 で働くことを希望する看護師さんも増えています。今回は緩和ケア病棟と、
一般病棟との違いについて以下のとおり簡単にまとめさせていただきました。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>





「緩和ケア病棟での夜勤専従の仕事」


緩和ケアは、メンタルケアや疼痛の緩和を行なうことを主な目的としていますので、従来のがん
治療のような積極的な治療を基本的に行いませんので、かなり違和感を感じると思います。


しかし、患者さんやそのご家族も、そうした取り組みを十分理解した上で入院して います。また、
自分の病状や余命についきましても、病院側からすでに宣告されています。


緩和ケア病棟における夜勤専従看護師の患者さんに対する主な仕事は、夜間に痛みが 酷くて
眠れない場合に投薬して調整したり、トイレの補助、 メンタルケア、体交などを行ないます。




「緩和ケアの過酷な現実」


緩和ケア病棟での仕事は、がん治療に取り組む姿勢とは裏腹に肉体的にも精神的にもハード
です。積極的な 治療は行わない代わりに、それをカバーするために色々な仕事があります。


そして、ステルベンが重なるケースが少なくありません。こうした問題は緩和ケア病棟の特性上
仕方がありません。しかし、ステルベンを苦に退職してしまう看護師さんも多いです。


【 看護師限定求人 】「お金も働きかたにもこだわろう!」 >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »