夜勤を避ける看護師さんが少なく無い中で夜勤専従看護師として転職されるケースが 増えています。夜勤専従看護師の魅力について分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
「夜勤専従看護師で常勤は無理?」 夜勤専従看護師の仕事は、ある程度キャリアを積んだ看護師さんでなければ勤まりません。 どの程度のスキルがあるか見るために日勤で勤務してから夜勤専従へとシフトされます。 また常勤で夜勤専従看護師の求人は 本当
「夜勤専従は非常勤でも稼げます!」 現状の給与に不満をもっている看護師さんの中には、どこの病院で働くにしても、ある程度 高給が期待できる夜勤専従看護師として勤くことを検討するケースが少なくありません。 夜勤専従看護師の場合、 現状では「
「 夜勤専従は働き方に合わせられる! 」 夜勤専従の仕事は、パート・アルバイトであれば月1~2回程度から働くことができますので、 夜勤専従のアルバイトとダブルワークされている常勤看護師さんも少なくありません。 また結婚・出産によって
「 老人施設の仕事は楽ではない! 」 老人ホームや老人病院などでは一般の病院ほど医療ケアを行う場面が少ないことから、 経験の浅い看護師さんでも夜勤専従看護師として働けると思われがちです。 確かに老人病院では、一般の病院のような高度な
「 福祉施設で働くのは決して楽ではない! 」 老人病院や福祉関連施設にて夜勤専従看護師として働くことが決まっても、いきなり夜勤 からスタートするのではなく、しばらくは日勤で働きながら仕事の流れを覚えていきます。 そうすることで、夜勤
「 夜勤専従の求人を探すさいの注意点 」 どうせ夜勤専従看護師として働くのであれば、できるだけ好条件で働きたいですよね。 しかし求人の数もさほど多くないので希望にあった求人を探すのは簡単ではありません。 どこの病院でも医師や看護師は
「 一般の求人メディアは使えない? 」 夜勤専従の仕事は特殊であるため、一般の求人メディアを利用しても探しだすのは困難です。 看護師転職サイトを利用して「未公開求人」から希望にあう求人を探してもらいましょう。 夜勤専従で働く理由は、
「 夜勤専従の求人は今後さらに増える?! 」 夜勤専従看護師の求人の多くがパートやアルバイトであるため、ダブルワークで働いている ケースが少なくありません。 しかし、常勤の求人が全くないわけではありません。 今後病院経営を健全化させ
「 介護系は夜勤専従看護師の需要が多い 」 夜勤専従看護師の求人が多い診療科としてICU、CCU、ERなどがあげられます。 それ以外でも病院全体の勤務シフトの効率化を測るために 夜勤専従看護師の求人は 増加傾向にあります。今後も
「 夜勤専従から日勤に戻るケースについて 」 夜勤専従看護師さんの中には、激務から体調管理が難しく、体調を壊してしまうケースも 少なからずあります。看護師としての経験が比較的浅い方に多く見られます。 そうした場合、 日勤常勤で働いて