夜勤を避ける看護師さんが少なく無い中で夜勤専従看護師として転職されるケースが 増えています。夜勤専従看護師の魅力について分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
■質の高い眠りが何より大切! 夜勤専従看護師は夜勤だけとはいえ、本来の人間生活とは真逆の生活を送らなければ ならないので、完全に慣れるまでは、日常生活でちょっとした問題に遭遇します。 今回は、夜勤明けの睡眠について簡単に解説させて
「 寝る前に甘いものは控える! 」 夜勤明けに自宅に戻ってから寝るさいに注意したいのが「食事」です。帰宅する途中に コンビニによると甘いものが目に飛び込んできますので、つい大買ってしまいます。 しかし、時間帯に関係なく寝る直前に甘い
「 人間関係の問題はどこにでもある 」 医療機関に限ったことではないのですが、「人間関係」の問題は大なり小なりどこの業界 にもあります。夜勤専従看護師として勤務する場合についても同じことがいえます。 夜勤専従の仕事は職場に配置される
「 好条件であっても避けるべき求人とは? 」 夜勤専従看護師の求人に限ったことではないのですが、、求人が頻繁に掲載されている 病院や施設は、人の出入りが激しいわけですから、応募を避けたほうが良いでしょう。 何らかしらの原因があるから
「 夜勤専従は高収入だけが魅力ではない! 」 残念ながら「 夜勤手当 」が割高に設定されているため、少ない勤務日数でも稼げる点 ばかりが夜勤専従看護師として働く魅力としてクローズアップされています。 夜勤専従看護師の日給の相場が
■最初から無理とあきらめない! 夜勤専従看護師として働くことに興味があっても、看護師として「臨床経験」を積まな ければ、夜勤専従の仕事につくことはできないと疑問を持つ方が少なくありません。 過去に病棟ではなく、外来で働いてきた
■夜勤専従看護師の主な仕事について 夜勤専従看護師として働くために必要となるスキルについてですが、当然のことながら、 勤務先となる病院や診療科によって求められるものが微妙に異なります。 しかし臨床経験が3年以上あれば働くうちに慣れ
■ある程度経験があれば問題無く働けます どんな仕事でも働きながら慣れていくしかないわけですが、「病棟」での勤務経験が 全くない状態で夜勤専従看護師として働くのは非常に難しいです。 しかし病院によっては、初日から夜勤のシフトを入れな
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 |