■看護師の役割はさらに大きくなる!


多くの医療機関が慢性的な医師・看護師不足に悩まされています。


単に人材が不足しているだけでなく、業務上の構造に「問題」があるケースも多いの
ですが、こまで長きにわたって、こうした問題が放置されていました。


「高齢化社会」などの問題により、医療機関を取り巻く環境が大きく変わろうとして
いるため、急速な対応がいたるところで強く求められています。


そうした中で「医療技術」は飛躍的に進化を遂げています。


しかし医療技術がいくら進化しても、それらに対応できる人材がいなければ何の意味
もありません。そうした状況にありながら医師だけでは、もはや対応できません。


このため看護師さんに期待する声が高まっています。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>






■今現在1000人超の専門看護師が活躍中!

看護師さんが実際の現場で果たす役割は、ますます重大なものになりつつあります。
このため医療に関する幅広い知識と高度なスキルが求められています。


そうした声に応えるために専門看護師という資格制度が1996年に誕生しました。


「 専門看護師 」は、特定の専門看護分野において、難易度の高い「 看護ケア 」を
行えると認められた看護師に対して与えられる「 資格 」となっています。


すでに専門看護師の資格制度が誕生してから20年近く経過しましたが、今現在日本
全国には1,000人超の専門看護師が存在していますが、依然として少ないです。





■専門看護師は責任が大きい分、やりがいも大きい


専門看護師は、より複雑で解決するのが難しい疾病に苦しんでいる患者さんに対し、
より高度な看護ケアを提供できるわけですが、その分責任も重くなります。


専門看護師は、ただ単に難易度の高い「 看護ケア 」を行うだけではありません。


患者さんやそのご家族からの相談、職場の看護師の教育、コンプライアンス、医療に
関する勉強・研究などを行うので、責任は大きいですが、やりがいも大きいです。





■専門看護師になるには


専門看護師になるためには日本看護協会が主催する「 専門看護師認定試験 」に合格
しなければなりません。 認定試験は誰でも受けられるわけではありません。


受験資格を得るためにも様々な条件があります。


まず看護師・保健師・助産師の資格を有していることが大前提です。


その上で看護系大学院にて修士課程を修了する...


もしくは、日本看護系大学協議会が定める専門看護師の教育機関にて、専門看護分野
所定のカリキュラムで26単位を取得しなければなりません。


今現在日本国内には、88大学・228課程の専門看護師を育成する教育機関があります。
通常専門分野の教育を行う大学に2年間通って勉強しなければなりません。


卒業してようやく受験資格が与えられます。


認定試験に合格して晴れて専門看護師となります。


【 看護師限定求人 】「お金も働きかたにもこだわろう!」 >>





ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »