■専門看護師になるには?


より高度な看護ケアを行うことができる「 専門看護師 」を目指す看護師さんが増えて
いますが、単なる憧れでは専門看護師には到底なれません。


まず、看護系大学大学院修士課程を終えなければなりません。


「専門看護師教育課程基準」の所定の単位(総計26単位または38単位)を2年間かけて
取得することが認定審査(書類審査・筆記試験)を受ける条件となっています。



大学院で勉強している間は、当然のことながら勉強優先しなければなりません。


その間の学費や生活費など様々な費用を用意する必要があります。



(1)大学院にかかる学費(教材などを含む)

(2)2年間の生活費

(3)専門看護師認定試験 審査料:5万円

(4)専門看護師登録手続き 認定料:5万円





■各種費用について安易に考えると後々大変なことに


ここでネックとなるのが高額な学費と毎月の生活費をどう捻出するかです。


大学院に通っている間は、仕事との両立させることはできません。


せいぜい休みの日にスポットで夜勤専従のアルバイトができるかどうかの状態です。


予めまとまった費用を用意しておかないと、後々になって勉強を継続出来なくなります
ので、ある程度余裕を持って費用を捻出しておく必要があります。


当然のことながら、大学院によって費用は異なります。


ですので、 どれくらいの費用がかかるのか、 各大学のホームページを閲覧しながら、
学費や奨学金の有無などについて調べておくことをおすすめします。





■5年毎に更新料がかかります!


専門看護師になるには「 認定試験 」を受験し、合格しなければなりません。


「 大学院修士課程 」を終えてようやく「 専門看護師 」の認定試験を受験することが
できます。また、試験の審査料や合格時の認定料(登録料)も必要です。


そして、晴れて専門看護師に認定されてもそれで終わりではありません。


5年毎に更新しなければなりません。そのさいに審査料3万円が必要となります。





■身の回りに相談出来る人がいないと厳しい?


同じ職場にバリバリ働いている専門看護師がいれば、その方に聞けば良いですが、専門
看護師が身近にいなければ、自分で入手出来る情報には限りがあります。


何を信じれば良いのか迷うことも多いでしょう。


認定審査に合格したあと、しっかり専門看護師としてのキャリアをスタートさせるため
にも、確かな医療機関の情報を持つ看護師転職サイトの利用をオススメします。


大学院入学からアルバイトの手配、認定審査合格後の就職までサポートしてくれます。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>






ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »