■専門看護師は11分野あります!


専門看護師は、日本看護協会によって運営されている資格認定制度です。


特定の専門的分野について学び、身につけた知識とスキルを実際の医療現場において
実践できる看護ケアのスペシャリストであると、認められたことを証明します。


いま現在特定されている分野は以下の11分野となっています。


(1)がん看護

(2)精神看護

(3)老人看護

(4)地域看護

(5)母性看護

(6)慢性疾患看護

(7)小児看護

(8)急性・重傷者看護

(9)感染症看護

(10)家族支援

(11)在宅看護





■専門看護師が誕生した理由とは?


これまで医療技術は飛躍的な進歩を遂げていますが、その分難易度が高まってます。


また難易度の高い医療行為を必要としている患者さんが急増しています。


しかし、多くの医療機関が人材不足のため医師だけではとても対応できません。


このため確かなスキルと経験がある看護師の中から専門分野のスペシャリストを育成
することによって、医療の発展に貢献することが大きく期待されています。


専門看護師になるには、最低3年以上の経験を専門分野で積まなければなりません。


そして、看護系大学もしくは大学院で所定の単位を取得することで、受験資格が得ら
れます。合格しても、一定期間指定された病院で経験を積まなければなりません。





■専門看護師は常にレベルアップが求められる!


ちなみに認定試験は、筆記試験と面接があります。


筆記試験では論述式問題・事例問題・総合問題などが出題されます。


認定試験は年にたった1回(審査料として5万円かかる)しかありません。


見事合格すれば、認定証が交付され、専門看護師として登録されます。


専門看護師の資格は、永久性を持つものではありません。このため5年毎に更新審査
(審査料として3万円かかる)を受けなければなりません。


このため専門看護師の資格取得すれば終わりというわけにはいきません。


常にレベルアップが求められますので、向上心のある看護師さん向きです。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>





ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »