■高齢者が高齢者を介護する現実


老人看護専門看護師の仕事は患者さんへの看護ケアだけではありません。


その家族に対する心のケアも重要な仕事です。


日本人の平均寿命は年々上昇しており、100歳超の人達が増えています。


非常に喜ばしい反面、厳しい問題もいくつかあります。それはすでに高齢者が高齢者
の「 介護 」を行わなければならない時代に入っている点です。


例えば80歳を超える高齢者をケアする子供さんの年齢は60歳を超えています。


介護疲れで身も心も疲弊している人が沢山います。


ですので、少しでも介護の負担を軽減するために、介護を含めた看護プランについて
相談しながら、患者さんのご家族に対しても配慮しなければなりません。


老人看護専門看護師の活躍の場は病院以外にも「 訪問介護ステーション 」などでも
強く求められていまして、在宅での介護や看護ケアが仕事の中心となります。


老人看護は看護ケアだけでなく介護の要素も強いので、肉体的にも精神的にもハード
です。死に直面するケースも多いので、自分自身の心のケアも大切です。


【 看護師限定求人 】「あなたの力が必要なんです!」 >>






■老人看護専門看護師の役割とカリキュラム


老人看護専門看護師に求められる役割と履修する科目は以下の通りです。


(1)老人の日常生活における健康機能を専門的知識から的確に判断および評価する


(2)健康状態に特別問題のある老人とその家族を、看護に関する専門的知識から、
   的確にアセスメントし、問題解決のための看護援助を行う
   
   
(3)老人看護の専門知識・技術を看護職に対して教育を施す


(4)より適切な老人看護のケアを行うために保健医療福祉の人たちとの調整を行う


(5)老人看護の開発・研究に携わりながら病院や施設での看護ケアの質を向上する


(6)老人の医療、保健、福祉の政策に関する立案、運営、管理に携わる




「 CNS共通科目 」 8単位以上を含め、「 専攻分野共通科目 」「 専門科目 」から
規定の単位を取得しなければなりません。しかし、これだけではありません。


「 老年健康生活評価 」、「 老年と家族の看護 」、「 老年サポートシステム 」、
「老年保健福祉政策」から4科目選択し、8単位取得しなければなりません。


「 病院や施設 」、「 在宅 」、「 認知症 」などの項目から2科目選択し、4単位
取得し、さらにこれに加えて実習科目6単位取得しなければなりません。


これらを大学院やそれに準ずる教育機関で、総計26単位取得しなければなりません。
履修する科目および取得する単位は教育機関によって微妙に異なります。


【 看護師限定求人 】「キャリア相談から始めましょう!」 >>





ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »