「求人はあっても転職が難しい理由」


これまで看護師として病院などの医療機関で勤務されていた経験があれば、お分かり頂ける
と思うのですが、医療現場はチームワークが非常に重要とされています!。


人の命がかかっていますので、ほんの些細なミスも許されません!。そうした緊張感の高い
職場で勤務するわけですから、採用担当者も希望する人材を見極めるために力が入ります。


ちょっとしたマイナス点も見逃しません!。ですので事前に自分のハンディを把握し、それを
指摘されないように事前に理解した上で応募書類を作成し、面接に挑みます。



「採用担当者にマイナス評価される=ハンディ!」


具体的にどのような点がハンディとなるかについて触れさせてください。例えば趣味が常に
長期休暇を要するものであったり、残業するのに支障となるものは注意してください。


例えば貴方はトライアスロンが趣味で毎年数回国内外の大会に参加しているとします。肉体
を鍛えたり大会を通じて色々な人と触れ合うので評価されても良いですよね?。


しかし、日々のトレーニングのために残業を一方的に拒絶したり、海外の大会へ参加するため
に長期休暇を年に何回も取られると現場は混乱しますので、大きなマイナス点となります。



「採用担当者に疑念を抱かせないための方法!」


採用担当者が必ずしも上述したような形で想定されるわけではありませんが、仮にそうなった
場合も、採用担当者に余計な疑念を抱かせないための工夫が必要です。


例えば、「仕事とプライベートは別なので仕事に支障が生じるようなことはございません。」
「また過去にプライベートを優先させて仕事に支障が生じたことは一切ございません」


といった形で補足してあげれば、採用担当者に余計な疑念を抱かせないで済みます。



「こんなこともハンディになるの?!」


また看護師の場合高学歴であればいいというわけでもありません。あまりにも高いスキルと
知識を持っていると現場で上司と衝突する可能性を採用担当者に懸念されてしまいます。


組織の適応能力が問われることとなり、度を越えてしまうと短期間で辞職される可能性もある
だけに高学歴が逆にハンディとしてとらえられるケースもあるのです。


一人の看護師として自分の中にあるハンディを自分自身で把握するためにも履歴書や職務経
歴書を作成したら面接までの間に何度も読み返し、しっかり準備してください。


勤続意志、生活管理についての質問を必ずぶつけられますので、しっかり準備する必要があり
ます。そのためにも自分自身のハンディをしっかり把握しなければありません。



「面倒なことは 『 ナースではたらこ 』 におまかせ!」


病院勤務と並行しながら転職活動するのは容易ではありません。時間がない中で行いますので、
思ったように進みません。そこでオススメしたいのが「ナースではたらこ」です。


「ナースではたらこ」は 求人情報だけでなく、履歴書の作成や面接対策も徹底的にサポート
してくれるます!。そして、転職完了後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »