「インフォームド・コンセントとは?」


治験を実際に行うにあたって、治験責任医師は被験者(患者)さんに対して治験の内容
を正確に説明したうえで必ず被験者さんから参加の同意を得なければなりません。


当然のことながら同意を得られなければ治験の参加は認められません。これを英語で
インフォームド・コンセントといいます。日本でも当たり前に使われるようになりました。


インフォームド・コンセントも治験コーディネーター(CRC)の大事な仕事です。治験責任
医師が被験者に対しインフォームド・コンセントを行う際に同席してサポートします。



「インフォームド・コンセントの注意点とは?」


治験にはリスクがつきものなので、インフォームド・コンセントでは必ず被験者さんに良い
点も悪い点も伝えなければなりません。内容が内容なだけに慎重にならざるえません。


なぜならインフォームド・コンセントで有害事象について説明すると被験者さんがショック
を受けてパニックに陥ることもあるからです。話し方や声のトーンにも気を配ります。


治験薬は被験者さんからすれば魅力的な反面、極度に副作用などを恐れるあまりに混乱
します。ですので、治験に参加するのも、断るのも勇気が必要となります。



「コミュニケーションスキルが重要」


治験コーディネーター(CRC)は、被験者さんの緊張を解きほぐすために、親身になって
被験者さんの話を聞きながら、治験に関する正確な説明を行わなければなりません。


ですので、治験コーディネーターは高いコミュニケーションスキルが色々な場面で必要と
なりますので、看護師としての経験がこうした場面に非常に役に立ちます!。


被験者さんに渡す治験に関する説明文書や同意書は治験コーディネーターが作成します
ので、治験に関する内容を明確にし、出来るだけ分かりやすくまとめます。



「治験企業へ転職するには?」


病院勤務から治験関連企業のような一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なく
ありません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれますので、治験業界で
働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »