「治験とは?」


薬の有効性や安全性を人に服用させて調べる試験を「臨床試験」といい、医薬品として
承認されるために必要なデータをそろえる臨床試験のことを治験といいます。


開発段階にある薬を治験するにあたり、まず被験者(患者)さんに服用してもらいます。
これによりどのような効果が得られるのか実際にテストするわけです。


しかし、当然のことながら、薬を服用してもらう前に被験者さんに治験の内容について
詳しく説明した上で治験に参加していただくことを同意してもらわなければなりません。



「治験の仕事とは?」


これをインフォームド・コンセント(IC)とといます。ただ機械的に説明するだけでは後々
問題になりかねませんので、コミュニケーションスキルが求められます。


治験は以下の3つの段階があります。各段階で薬の安全性や有効性を確認します。



【第一相試験】

健康な男性を対象にテストします。最初は薬の候補物質のごく少量を投与します。その
後徐々に量を増やしていきます。第一相試験では主に薬の安全性をテストします。


基本的に第一相試験は、治験専門クリニックでその大半が行われます。治験は被験者
さんの仕事の都合もあるため、平日だけでなく、土日にも行われます。



【第二相試験】

第二相試験は、少数の被験者さんを対象に行われます。第一相試験にて安全性が確認
された範囲内で薬剤が投与されます。薬の有効性、安全性、使用方法をテストします。


第二相試験は三つの段階の中で第三相試験に次いで治験コーディネーターが担当する
ことが多いです。大学病院などの総合病院と治験専門クリニックで行われます。



【第三相試験】

治験の中で最も多くの被験者さんを対象にテストが行われます。数万人~数十万人規模
の被験者さんを対象にテストが行われることも珍しくありません。


第三相試験は、実際の治療に近い形での薬の効果と安全性を確認します。このため大学
病院などの総合病院から専門クリニックまで多くの全国の医療機関で行われます。



「治験企業へ転職するには?」


病院勤務から治験関連企業のような一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なく
ありません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれますので、治験業界で
働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »