「ガン分野の競争が激化!」


がん分野に関して製薬業界の競争が激化しているため、治験の需要も同時に増加している
ことから、臨床経験がある看護師さんに対する需要が高まっているのが現状です。


治験コーディネーターの役割がさらに拡大することになり、今後も治験コーディネーターは、
より注目が集まりそうです。治験コーディネーターを目指すなら今が絶好のチャンスです。


看護師と臨床検査技師を比較した場合、看護師の方が書類選考通過率及び面接通過率が
少しだけ高いのですが、やはり、コミュニケーションスキルの高さが評価されているようです。



「治験企業へ転職活動するさいの注意点」


治験関連企業にエントリーするさいに気をつけなければならないのが、病院と企業では求め
られる要素が違うということです。同じようにアプローチしても良い結果は得られません。


看護師の需要が大きいといっても、企業の数が医療機関と比較すると圧倒的に少ないので、
良い求人に対しては応募が殺到しますので、より応募書類と面接が重要になります。


看護師/さんは面接で落ちるケースが他の業種と比べれば圧倒的に少ないです。ですので、
治験コーディネーターとして転職活動するにあたって、面接に関しては注意が必要です。



「治験コーディネーターになるのをあきらめてしまう理由とは?」


面接で落ちるとショックで落ち込んでしまいます。あまりにも期待してしまいますと裏切られて
しまいますので、面接に関しては過度に期待しないほうが良いでしょう。


「絶対に受かると思ってたのに」と、いった思いから、たった1~2回面接に落ちたくらいで治験
コーディネーターになることを諦めてしまう方が実際にいらっしゃいます。


治験会社と病院と比較した場合、治験会社の方がどうしても面接通過率が低いので、そういう
ものであると開き直って、あきらめずに転職活動を続けることを強くオススメします。



「看護師さんが治験コーディネーターに向いている点とは?」


看護師から治験コーディネーター(CRC)に転職された方が治験会社側から評価されている点
は以下の通りです。こうした点を強みに転職活動を進めましょう!。


■被験者(患者)さんとのコミュニケーション能力が高い

■カルテを読むのが早いので仕事の進め方が早い

■病院の組織的な仕組みを十分理解している

■疾患に関する知識が豊富



「治験企業へ転職するには?」


病院勤務から治験関連企業のような一般企業に転職するということで不安に感じる方も少なく
ありません。そうした場合に頼りになるのが看護師の人材紹介会社「ナースではたらこ」です。


求人情報だけでなく、転職活動に必要なことを徹底的にサポートしてくれますので、治験業界で
働くうえで必要な情報を入手できます。転職後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイトはコチラ >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »