医療現場における医師の負担を軽減させるために誕生した特定看護師について、実際の医療現場で 果たす役割から資格取得までを分かりやすく解説しています!。


ナースではたらこ
■特定看護師と一般の看護師の違いとは? 特定看護師と一般の看護師の違いについてですが、基本的に特定看護師は一般の看護師より も広範囲にわたって医療行為が行えますので、医療現場で果たす役割はより大きくなります。 ちなみに、実際の医療
■特定看護師でも認められない医療行為とは? 実際の医療現場では、看護師が自らの意志判断によって医療行為を行うことはほとんどありま せん。医師からの指示に従って、速やかに患者に対して適切な処置を施します。 しかし、医療施設の多くが慢
■海外の医療現場の現状 ようやく日本でも特定看護師の存在が注目されるようになりました。慢性的な人材不足を解消 するためにも、特定看護師の数を増やすことが急務であるとの声が一般にも広がっています。 海外では特定看護師のような資格制度
■特定看護師になるには? すでに医療現場で看護師として働いている人だけでなく、これから看護師を目指そうと考えて いる方の中にも特定看護師として働くことに魅力を感じている人が少なくありません。 特定看護師になれば看護の仕事を最大限に
■看護師による医療行為は必要? 実際の医療現場では、医師の指示の範囲内であれば診療の補助として、看護師が医療行為を行う ことは認められていますが、しかし、それはほんの一部であって、認められていないに等しいです。 例えば、診断や薬の
■特定看護師になるには? 特定看護師になるためには必要な専門知識を学ぶ必要があります。一定の範囲内での医療行為 も行うので看護学校ではなく、大学や大学院で幅広い知識と技術を身につけます。 特定看護師制度が誕生したことによって、各大
■特定看護師制度でサービス向上を目指す 特定看護師は、医師の負担を軽減するために、医師の指示の下、一部の医療行為が認められて います。欧米では既に「診療看護師( ナースプラクティショナー)」が一般化されています。 日本でも欧米のよ