■特定看護師と一般の看護師の違いとは?



特定看護師と一般の看護師の違いについてですが、基本的に特定看護師は一般の看護師より
も広範囲にわたって医療行為が行えますので、医療現場で果たす役割はより大きくなります。


ちなみに、実際の医療の現場では看護師が自らの権限で医療行為を行う場合、その範囲という
のはごく一部に限られています。医師から指示されたことを確実にこなすのが主な役割です。


例えば薬の処方にしても然りです。利用された病院によっては看護師から直接薬を手渡された
経験があるかもしれませんが、それも医師の指示に従って看護師が医師の代わりに薬を処方
したり説明しているのであって、看護師自らが薬を処方することはできません。




■特定看護師が誕生した背景とは?



こうした制限が医療現場には沢山ありまして、特定看護師も、こうした制限が全く無いというわけ
ではありませんが、一般の看護師よりも権限が認められているため、様々な医療行為を行えます。


例えば、特定看護師は患者の健康状態を把握したうえで患者にあった薬を処方できます。医師が
行える医療行為を特定看護師が行えるといっても、あくまでもごく一部に限られます。


特定看護師は、あくまでも医師の業務を軽減させるために誕生した制度で、こうした背景には医療
現場の慢性的な人材不足があげられます。看護師だけでなく医師も不足しています。




■医療現場は危機的状況にある!



医師をはじめ医療現場で働く人達というと世間では高給なイメージばかり先行していますが、医療
現場での業務全般が肉体的にも精神的にも非常にハードです。沢山の施設で悲鳴をあげています。


これは決して大げさな話ではなく、日本の医療はこうした医療現場で働く人達の頑張りによって支え
られています。これ以上人材不足が進めば破綻するしかない状況にまで追い込まれています。




■特定看護師になりたくてもなるのは大変!



そこで医師の負担を軽減させるために特定看護師という資格が誕生しました。しかし、長年にわたる
経験と医療行為に関する膨大な知識が必要となるので、誰でもなれるわけではありません。


特定看護師は、医療現場におけるエキスパートとして需要は大きいですが、その数は非常に少ない
うえに看護師の仕事だけでなく、医師の仕事の一部までをも担うことになりますので、特定看護師
にかかる肉体的にも精神的にも負担は言うまでもなく大きいです。




ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »