■特定看護師でも認められない医療行為とは?



実際の医療現場では、看護師が自らの意志判断によって医療行為を行うことはほとんどありま
せん。医師からの指示に従って、速やかに患者に対して適切な処置を施します。


しかし、医療施設の多くが慢性的な人材不足に悩まされているため、医師の役割を軽減させる
ために、さらに上の医療行為を行える特定看護師という資格制度を新たにを設けました。


そうはいっても特定看護師であっても、出来る医療行為には限りがあります。例えば治療の効果
を見るための検査や超音波検査や傷口などの処置は特定看護師であってもできません。




■海外の医療現場の現状とは?



特定看護師ができる医療行為の範囲がさらに拡大すれば、医師の負担もさらに軽減されることに
なるでしょう。実際に米国では看護師がかなり広範囲にわたって医療行為を行なっています。


米国は日本のように医療保険制度が充実していないため、病院経営が日本とは比較にならない
ほど難しい環境に置かれているため、経営は常にスリム化が求められています。


ですので、日本とは比較にならないほど看護師の医療現場における評価が高いです。ですので、
日本のような医師と看護師の関係というのは外国では理解できないでしょう。




■特定看護師の役割拡大が急務!



もし、特定看護師が超音波検査やエックス線といった専門性が高いとされる検査を補助すること
が出来るようになれば、実際の医療現場における医師の役割はかなり軽減されます。


また、同じように薬の処方に関しても権限が拡大すれば、現場に携わる人達だけでなく、患者さん
にも大きなメリットがありますし、これまで度々問題視されてきた医療現場における構造的な問題
のかなりの部分が改善されるでしょう。しかし、現実は厳しいです。




■特定看護師への期待がさらに高まる



例えば負傷した場合、傷口を縫うのは医師が行い、その後の処置はは看護師が行います。治療
行為の大半は医師が行なっていますので、効率があまりにも悪すぎますよね。


勿論場合によってベテランの医師でなければ、処置できない重度の傷を負った患者さんが運ばれ
ることも少なくありません。しかし、軽傷の患者さんも沢山いますので、こうした部分を特定看護師
が担えるようになれば、医療現場がより働きやすい環境として生まれ変わることでしょう。




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »