■医療現場は女尊男卑の面が強い?



男性看護師の需要は右肩上がりで増加していますが、現状では男性看護師が全体に占める割合
は8%程度です。圧倒的に女性が多いので男尊女卑ではなく女尊男卑的な面も強いです。


他の業界で働く男性からすれば「仕事は安定しているし、収入も良くて女性に囲まれて働けるなん
て最高だな」と思われるかもしれませんが、現実はそんな生やさしいものではありません。


統計にはありませんが、職場の人間関係で悩む看護師は、男性の方が多いかもしれません。それ
くらい男性看護師が圧倒的に女性看護師が多い医療現場で働くのは大変なことなんです。




■仕事は肉体的にも精神的にもハード!



看護師の現状はどういった状況にあるのでしょうか?。確かに男性は、一般的にみれば女性よりも
力がありますので、肉体的にも精神的にもハードな看護師の職業には合っているといえます。


例えば高齢化が進んでいる現在において、病院を利用する患者さんのうち高齢者の数が年々増え
ています。自力での歩行が困難な方もいるため、こうした方にはサポートが必要となります。


このため必然的に肉体的な力が必要になってきます。特に認知症が進んでいる高齢者の患者さん
は突然予測できない行動をとりますので、肉体的にも精神的にもハードです。




■体調不良を訴えるケースとは?



男性看護師の中にも突然体調不良が起こすケースがありまして、こうした背景には医療現場で働く
ことの特殊性が要因としてあげられます。一般企業に勤める方には理解できないかもしれません。


患者さん、女性看護師、医師とのコミュニケーションが上手く取れずに追い込まれます。また、女性
の患者さんの場合は、男性に自分の身体を見られたり、触れられたりすることを拒絶する方もいます。


不思議なことに男性患者の中にもいます。そういったことが重なると、さらに追い込んでしまうことに
なり、精神的なストレスから突然体調不良を訴えるケースが少なくないわけです。




ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »