■男性看護師の悩みは複雑?!



男性看護師の需要は拡大しているといっても看護の現場は9割以上が女性です。女性中心の職場
で働くにあたって多くの男性看護師が人間関係で悩まされるケースが圧倒的に多いです。


男性看護師に限らず、看護師の離職理由の上位に人間関係があることからも分かるとおり、厳しい
人間関係によって職場全体ががんじがらめとなっているケースが少なくありません。


医療現場で行われることは全て人の命にかかわることなので、ミスが絶対的に許されないという点
や、医師と看護師との立場的問題も人間関係をより難しいものにしているようです。




■職場で差別的扱いを受けることもある?



そして、男性看護師は男性ということで患者さんから差別的な扱いを受けることも少なくありません。
差別的というと語弊があるかもしれませんが、女性看護師はOKでも男性看護師はダメというケース
があります。例えば産婦人科では医師以外の男性に抵抗を感じてしまう女性が圧倒的に多いです。


このため、現在産婦人科では男性看護師が働くことはできません。産婦人科以外でも男性看護師
が働けない科がいくつか存在しますが、逆に女性が働けない科というはほとんどありません。


今後男性看護師の存在が広く社会で認知されるようになれば状況は変わるかもしれません。しかし、
現状では自分が希望する医療現場で働くことができないことで悩まれるケースも多いです。




■縦社会に悩まされるケースとは?



先の人間関係の問題にも通じますが、医療現場での看護師の地位は決して高いとはいえません。
やはり、医師が全てにおいて色々な権限をもっているので、看護師として立場の問題もあります。


ある程度の年齢に達すると一緒に仕事をする医師が自分よりかなり年下というケースを当然迎え
ます。男性は依然として縦社会に生きてます。上下関係を気にするなといっても気にします。


どんなに看護師として経験を積み優秀であっても立場上は医師よりも下です。こうした目には見え
ない問題も男性看護師を悩ませます。こうした点をどう克服するか真剣に考える必要があります。




ナースではたらこ
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |