■男性看護士の雇用状況とは?



男性は看護士、女性は看護婦と呼ばれていた時代は看護の世界は圧倒的に女性が占めていました。
しかし、80年頃から男性看護士が増え、2002年3月に法改正によって看護士で統一されました。


ご存知のとおり介護の現場は肉体的に非常にハードです。男性と比べて女性は力がありませんので、
患者さんを移動させなければならないときなど、男性看護士が大いに力を発揮します。


また男性の場合、女性のように妊娠・出産することがありませんので、育児休暇なども必要ないこと
から、雇用する側も安定した労働力として非常に重宝するため男性看護師の需要は高まってます。




■男性看護士が苦労する点とは?



男性看護士が増えているといっても、全体から見ればたったの4%です。どこの医療現場でも看護士の
圧倒的多数は女性であって、男性看護師は一人だけなんてところも少なくありません。


このため男性看護士が職場で人間関係を構築するのは女性と比べて難しいと言わざるえません。異性
同士では踏み込めない壁があり、同性同士でやり取りするような感覚ではトラブルの元です。


男性看護師の離職理由のダントツが職場の人間関係です。ですので男性看護師が働く上で最も重要
なのが職場の人間関係です。このため転職されるのであれば転職サイトの利用をオススメします。




■男性看護師が力を発揮できる職場とは?




先に述べさせて頂いたとおり、看護師の仕事はどうしても力が必要となる場面が多いです。このため
男性看護師が力を発揮する職場が多いです。このため男性看護師の需要が確実に増えています。


中でも入浴介助などの介護関係、精神的に不安を抱える患者さんが多い精神科、その他にも救急、
オペ室、HCUといった患者さんを移動させなければならい現場で男性看護師の力を発揮します。


こうした現場は常に人材が不足しているので、そこで働く現場の人達だけでなく、雇用する側も出来る
だけ長く働いて欲しいわけです。これで職場環境が良ければ、凄くやりがいがある仕事ですよね。




■転職するのに必要なものとは?



もし、今現在転職を検討されているのであれば、男性看護師に対する需要は年々増加しているので、
特別不安に感じたり、将来的なことを悩まれる必要はありませんが、情報は非常に重要です。


しかし、日常業務で忙殺される看護師の方が転職するにあたって個人でこうした情報を入手するには
限度があります。ですので、医療機関に関する情報量が豊富な転職サイトの利用をオススメします。




ナースではたらこ
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »