■看護師として働くには?


 
 
看護師は、誰もが子供の頃に一度は憧れる職業ですよね。しかし、見るのとやるのとは大違いでして、実際になってみると大変なんです。また、看護師には資格が必要なので、看護師になるのも大変です。


看護師の仕事の中には、特別な資格がなくてもできそうな物もありますが、看護師の資格がない人が看護の仕事をしてはいけないと、法律で定められています。基本的に難易度が高い仕事です。


病院やクリニックに勤務する現役の看護師さんも最初は看護の学校に通って看護師国家試験に合格しています。今から看護師を目指す方は、是非看護師の仕事がどういうものなのか知ってください。
 
 
 
 
 

■看護師の資格を取得するには?


 
 
看護師の資格をとるには、まず看護学校に通う必要があります。そこで看護の勉強をするわけですが、通う学校も、中学、高校を卒業してからと社会人を経てからでは看護師になるルートが異なります。


この点も事前に知る必要があります。看護師に必要な知識を学んだ上で看護師国家試験を受け、合格すると晴れて看護師となれるわけですが、看護師の資格は貸し借りのできない業務独占の資格です。





■男性の看護師の需要が急拡大?


 
 
看護師は過去には看護婦と呼ばれていただけあって、圧倒的に女性が多いです。しかし、近年は男性看護師が急増しています。特に緊急、精神科、手術室の現場で男性看護師の需要が高いです。


女性よりも力があるので患者さんをベットに移動させたり、トイレに誘導するさいに力を発揮します。また、
看護師国家試験を毎年5万人以上の人が受験するのですが、年々男性の割合が増えています。




ナースではたらこ
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |