■夜勤は心と体に厳しい仕事です


夜勤といえば看護師さんを思い浮かべる方が多いほど一般にも浸透しています。


夜中に患者さんの容態に異変が起こることもしばしばあります。そして、配置されて
いる従業員の数が日中よりも少ないので、一人で何役もこなさなければなりません。


看護師さんは、患者さんの命と健康を守るために「 昼夜 」問わず必死に働いている
わけですが、夜勤というのは、いうまでもなくとても厳しい仕事です。


【 看護師限定求人 】「お金も働きかたにもこだわろう!」 >>





■夜起きていることが人間の体には異常


しかし夜勤や日勤を交互に繰り返す生活というのは、人間本来の生体リズムに従った
自然な生活を送ることがどうしても出来ないので、様々な弊害を及ぼします。


夜勤のような交代制勤務を行っていると不眠や睡眠不足で体調を崩す人が多いです。


夜勤は、常に「睡眠不足気味」のまま働くことになります。長期化すれば体内リズム
が次第に崩れるため、自律神経系やホルモン分泌系に異常をきたすようになります。





■夜勤で仕事のミスが多い理由について


そうなると睡眠障害を超え、色々な形の疾患となって健康をおびやかします。


人によっては「うつ病」を発症するケースも少なくありません。


また、夜勤は体内リズムに逆らって無理に身体を動かしているため、突然睡魔に襲わ
れたり、集中力を保つのが困難であるため、日勤よりも事故が起こりやすいです。


一度大きなミスを犯してしまうと、「次もまたやるのではないか」といった想いから、
色々不安が生じ、睡眠障害の症状がさらに悪化することになります。


【 看護師限定求人 】「自分にあった病院に転職しよう!」 >>





ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »