■女性ならではの問題とは?



看護師として働く皆様は当然のことながらご存知だと思いますが、医療現場は女性の職場
です。男性看護師が増えたといっても看護師全体の比率で見れば8%程度です。


ほんの数年ほど前まで看護婦と言われていたように女性が依然として大多数を占める職場
であるため、女性ならではの人間関係によるトラブルが実際の職場にて少なくありません。


職場には目には見えない序列があります。役職やポジションなどの序列にこだわるのは、
男性社会だけと思われがちですが、医療の現場では女性の間でも存在します。




■気苦労が絶えない理由とは?



恐らく定年まで勤務するであろう、勤続20年以上のベテラン看護師さんや、職場では中堅に
位置し、ベテラン看護師の域に入る目前の先輩看護師さんなどいろんな人がいます。


看護師として実務経験3年未満の看護師さんは、こうした方々からの指示を忠実にこなした
うえで色々と気を配らなければならないので、正直気苦労も耐えません。




■人間関係のバトルロイヤル状態



ベテラン看護師の中には、少々きつい物言いの方も多いです。また、ある意味要領が良い
というかずる賢い方もいます。こうした問題は業種に関係なく、どこの職場にもあります。


中にはテレビドラマや映画の世界にしか存在しないような変わった人もいます。いわゆる
お局様と影で呼ばれている看護師さんもいて、性格的に問題のある方が少なくありません。


キレやすかったり、怒鳴ったりと周囲がドン引きし、医師や婦長さんさえも敬遠してしまう
ような看護師さんとも一緒に働かなければならないのですから、気苦労は絶えません。




■悩みを解決する方法とは?



しかも言ってることがコロコロ変わったりします。また、上から仕事を指示されるにあたり、
人によってやり方が異なるので、そのとおりにやらないと怒られたりします。


指示された人に合わせてやり方を変える必要があります。こうした気苦労を乗り越えて一人前
になっていくわけですが、ものには限度があります。悩みは悩んでいる間は消えません。


同僚とこうした苦しみを分かち合える人はいいですが、職場に相談する相手がいないのであれ
ば、転職サイトを利用して相談されることをオススメします。何から何まで全て無料です。




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »