■とにかく医療の現場は過酷



看護師の仕事は一つのチームとなって複数の患者さんの医療的ケアにあたります。
しかも、他の業界では到底考えられないほど複雑な勤務シフトの中で行います。


肉体的にも精神的にもハードです。このため、時には罵声が飛び交うこともあります。
仲良し集団では到底人の命を守ることはできませんので、人間関係も非常にタフです。


こうした特異な人間関係に悩み苦しんで看護師の仕事を辞する方も少なくありません。
しかし、医療現場における人間関係は、医療現場で働く人達だけではありません。




■医療現場は年々窮屈になっている?



患者さんとその家族も含まれます。患者さんは他の業種からすれば、お客さんですから、
他業種のお客さんとの関係とは大きく異なります。そして、年々複雑化しています。


医療ミスを年々厳しく問われることとなり、コンプライアンスがより厳格化されている
ため、古き良き時代のような良好な関係を築くことが困難です。


訴訟問題に発展するケースも多いため、訴訟リスクが年々高まっています。


看護師の仕事を長く続ければ当然嫌いな患者さんにあたることも少なくありません。


嫌いな患者さんでも、感情を出さずに接したいのに、それが出来ない方が多いです。




■患者さんと揉める原因とは?



普段はとても優しい人でも、医療現場という過酷の職場ではストレスがたまります。
患者さんに対してきつい態度で接してしまうこともあります。


ですので、当然のことながら揉める原因になります。


モンスターのような患者さんと揉めると大変です。


患者さんと揉める以上に病院側の取る事務的な行動や上司などの対応に嫌気が差すことが
多いです。必然的に孤独に追い込まれることになってしまうわけです。


最悪の場合、辞めることしか考えられないかもしれません。そうした場合も見切り発車的
な行動は自分にマイナスになります。冷静にこれでのことを振り返ることも大切です。




■常に前向きに考えよう!



そうしたうえで、今後看護師としてどうあるべきかを真剣に考えなければなりません。


そうでなければ次のステップへと進みません。


しかし、病院内で相談できる上司や同僚がいないからといって悩む必要はありません。


看護師が活躍できるところは病院だけではありません。事実拡大傾向にありますので、
看護師として苦しんできたことは全て財産となりますので、常に前向きに考えましょう!




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »