■訪問看護は何をするのか?



訪問看護師は、一人で行動するイメージが強いため、他の看護師と比べて自由度が高いように
思えるかもしれませんが、一人の患者さんに対する責任感が比にならないくらい大きいです。


基本的に訪問介護は、患者さんの主治医の指示に従って適切な医療ケアを行います。ですので、
単独で何かを行うといったことは当然のことながらありません。主な仕事は以下の通りです。




■患者さんの健康状態をチェック



まず、患者さんの血圧、体温、呼吸、脈拍などに異常はないかチェックします。もし、気になる点
があれば、しっかり記録し、必要であれば患者さんに適切にアドバイスします。


しっかりとコミュニケーションを取りながら身体の一部に異常がないかチェックします。些細なこと
であっても、数日後に異変を起こす可能性があるので見逃さずにしっかり記録します。


訪問看護の仕事は医療的ケアを行うだけで良いというわけではありません。心の健康を維持して
もらうためにも、患者さんの趣味や過去にやってきた仕事についてもヒアリングします。




■薬の服用状況のチェック



患者さんの服薬についても管理しなければなりません。当然のことながら医師から処方された薬
を患者さんに手渡して終わりというわけにはいきません。しっかり状況を確認し、記録していきます。


また気になる点があれば患者さんにアドバイスします。患者さんによっては、自分では服用してる
薬が合わないと感じていながら我慢して薬を服用し続けてしまう人もいます。


こうした背景には、看護師さんに余計なことをさせることになり、迷惑をかけてしまうといった思いが
あります。ので、遠慮せずに思ったことを言いやすい環境をつくることも重要な仕事です。




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »