■看護の現場における人材育成に関する問題点とは?



訪問看護師に限ったことではありませんが、それぞれの看護師が行う医療的ケアは、勤務する医療
施設によって微妙に異なりますので、実際の看護場面では看護師の経験知がものをいいます。


施設によっては、新人看護師が戸惑うことも少なくありません。例えばAさんは「こうやって」と教え
てくれたが、Bさんは「そうじゃなくてこれはこうよ」なんてことが少なくありません。


人によってやり方が異なるのはどの業種でもあることですが、看護業界の場合は医療という人の命
にかかわる仕事なので、ある程度統一されたやり方を望む声が少なくありません。




■訪問看護師として質を向上させるために必要なこと



このため質を上げるために頻繁に勉強会や研修が行われるわけですが、看護師の場合、業務時間
や人材不足で苦しめられている現場が多いことから、困難なケースが少なくありません。


やはり、認定看護師が中心となり、実際に現場で起こった事例を検討・検証する事例検討会や最新
の看護技術などを学ぶ研修および演習を実施してスキルアップをはかっていかなければなりません。


しかし、訪問看護の場合は訪問看護師が下した判断によっていかようにもなります。適切な医療ケア
が行われるためにも、より現場での生きた経験が重要になります。現場にて適切な判断を下せるよう
になるには、やはり、研修・演習だけで身につけられるものではありません。




■訪問看護師に求められるスキルとは?



本文看護師は、患者さん本人とご家族に問診しながら、患者さんの顔の表情や、日常的に行われる
動作を良く観察したうえで医師に的確な情報を伝えなければなりません。


ほんの小さなことが、後々に大きな問題となることも少なくありません。いうまでもなく、限られた時間
の中で患者さんとの対話が重要になります。このため看護師本人の経験知が重要になります。


こういった患者さんとの対話から適切な情報を把握するのは、そうそう簡単に身につけられるものでは
ありません。また、患者さんとだけ対話すれば良いというわけでもありません。ご家族との何気ない話
から、生活空間の中にも沢山情報がありますので、色々な視点から考察しなければなりません。




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »