■医療機関は常に求人募集をかけている?



ご存知の通り、医療機関の多くが慢性的な人材不足に陥っています。人の出入りが激しい
職場でもありますので、求人募集を常にかけているところも少なくありません。


他の業界では到底考えられません。求人が多いという点だけをみれば、非常に魅力的では
ありますが、裏を返せばそれだけ医療現場は特殊な職場といえます。


ですので、転職活動を行うにあたって事前に先輩や同期の看護師に相談するのも一つの手
です。ハローワークや求人誌などを利用するのよりも確かな情報を入手できます。




■知り合いの看護師に相談するメリットとは?



ここでいう情報とは勿論「求人情報」のことです。実際に働いている人から入手するわけ
ですから、自分では確認することができない貴重な情報を入手できるのは大きな魅力です。


自分で求人先に確認する場合、聞きづらい点を確認するのは勇気がいりますし、長い時間
をかけて根掘り葉掘り聞くのも気が引けますので、情報収集に限度があります。


しかし、同期や先輩看護師なら気心が知れていますよね。


ですので、食事などに誘って気軽に聞くことができます。


働く前にどういった職場なのか、知ることができるのも転職活動するうえで有利です。




■知り合いの看護師に相談するデメリットとは?



また同期や先輩看護師も同じように転職を考えている場合、お互いに効率のよい情報収集
ができます。基本的にメリットが圧倒的に多いですが、やはり、デメリットもあります。


例えば職場の人間関係が良いと聞いていたのに、実際に勤務してみればそうではなかった
といったことが少なからずあります。人によって物事の捉え方が違うので仕方ありません。


また同期や先輩と同じ職場に勤務する事になった場合、上下関係が生まれてしまう可能性
があり、これまで良好だった関係が一転して悪化するかもしれませんので注意して下さい。




ナースではたらこ
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |