■看護士の転職理由で最も多いのは?



看護士の転職理由で最も多いのは、ズバリ職場の人間関係です。やはり、医療現場では常に人の
生死がかかっていますので、小さなミスが致命的な自己を巻き起こす可能性があります。


また、明らかな医療ミスとなれば即医療訴訟となりますので、病院の規模が大きくなればなるほど
コンプライアンスが厳しくなり、現場で働く人たちの行動が制限されてしまいます。


そうなると、当然のことながら人間関係の悪化を招くこととなります。現場で働く人達が数十人程度
であれば、互いに話しあえば改善されるかもしれませんが、数百人を超えるとそうもいきません。




■過酷な医療現場の現実!



次に多い転職理由は、給与を含めた待遇面です。誰だって1円でも多く稼ぎたいと思いますよね!。
自分の仕事に誇りを持っているのであればなおさらのこと高く自分を評価して欲しいと思います。


3番目に多い転職理由は、仕事にやりがいを感じないと理由です。勤務して数年たっても雑用ばかり
押し付けられることに嫌気がさして転職されるわけですが、ある意味前向きな理由かもしれません。


その他にも「勤務地を変えたい」、「勤務する施設のタイプを変えたい」といった様々な理由があります
が、個人的な事情によるものも少なくありません。また、キャリアアップといった、さらに上の医療技術
や様々なスキルを取得するために転職するといった頼もしい方が多いのも医療業界の魅力ですね。




■転職するなら前向きな理由を探しましょう!



転職したい理由は人それぞれですが、実際に転職活動するうえで志望動機や自己PRに上述したよう
な理由を書くのはやめましょう。後ろ向きな人を雇用したいと考えるところはありません。


この点に関しては、初めて転職される方には本当に悩みどころです。看護学校時代のご友人の中に
すでに転職された方がいれば相談できますが、職場の先輩に相談することはできませんよね。


そうした場合に頼りになるのが転職サイトです。豊富な情報を持つ担当の方が適切にアドバイスして
くれます。悩んでも問題は解決されません。まずは転職サイトに登録(無料)してみませんか?。




ナースではたらこ
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |