「医療現場から聞こえてくる悲鳴とは?」


医療現場は一般企業に務めている方からは想像を絶するくらいハードです。勤務形態も不規則
ですし、突然緊急患者が搬送されれば、残業がどうのといったことは言っていられません。


すでに体験されているでしょうが、医療現場は規模に関係なく、慢性的に人材が不足しています
ので、医師や看護士の一人ひとりに課せられた仕事量は想像を絶します。


そうした中で少しでも患者に対する対応を間違えれば人の生死に関わります。


その責任の大きさが半端ではありません。このためストレスから心と体のバランスを崩してしまう
ケースも少なくありません。こうした重圧に耐えられずに仕方なく辞められる方が多いのです。



「退職と同時に看護士の仕事を辞めてしまうケースも!」


新人の看護士さんは、右も左も分からない状態で様々な雑用を課せられるので業務量の多さや、
医療ミスなどに対する精神的な重圧に関して悩まれるケースが圧倒的多いです!。


退職するのと同時に、せっかく大変な思いをして国家資格を取得したにもかかわらず、看護士の
仕事そのものを辞めてしまうケースも少なくありません。非常に勿体無いですね。


そして、男性看護師の場合は、まだまだ実際の医療現場では数が少ないため、圧倒的に女性が
多い医療現場に馴染めないケースも残ながら少なくありません!。


また、男性であるという理由で肉体的に大変ハードな雑務を押し付けられているにもかかわらず、
女性よりも制限が多いということで女性よりも若干給与面での評価が低いとされています。



「今後労働環境が改善される可能性について!」


日本今後協会では、今後五年間にわたって看護士の労働環境を改善するための運動を活発化
しますので、看護士を含めた医療現場で働く人達の労働環境が改善される期待が高まってます。


また、看護士専門の転職サイトができたことによって、メディアでの看護業界に対する注目度が
高まり、広く世間に看護士の仕事がいかに過酷かアピールする場が年々広がっています。


あまり楽観視するのは危険ですが、恐らく将来的には改善される可能性が高いと考えています。


小さなお子様をもつ女性看護師に対する理解も深まってます。大変な思いをして看護士になった
わけですから、一人でも多くの看護士さんが条件にあった職場で働けることを願うばかりです。



「面倒なことは 『 ナースではたらこ 』 におまかせ!」


病院勤務と並行しながら転職活動するのは容易ではありません。時間がない中で行いますので
思ったように進みません。そこでオススメしたいのが「ナースではたらこ」です。


「ナースではたらこ」 は 求人情報だけでなく、履歴書の作成や面接対策も徹底的にサポートして
くれるます!。そして、転職完了後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »