■自分で出来る効果的な面接対策とは?



他の職種と比べて看護師の就職・転職は面接が大きく影響します。正直面接によって全て
が決まるといっても過言ではないほど、採用にあたって面接が占める割合は高いです。


ですので、面接当日までしっかり面接対策を行わなければなりません。面接でしどろも
どろになってしまうと、看護師としてのあなたの素晴らしさをアピールできません。


そうならないためにも、面接に関する書籍(図書館でまとめて複数借りましょう)などを
参考に予め質問されるであろう事柄を想定し、それに対しての回答を準備しましょう。



■事前に準備すべきこととは?



但し、書籍に書かれていることをそのままオウムのように回答してはいけません。


面接官に「本で読んだことをそのまま言っているな」と見透かされてしまいます。


自分の言葉に置き換えましょう。面接で問われるのは、あくまでも自分の言葉でしっかり
自分の思いを表現できるかということですから、頑張ってください!


また用意した回答と自分の思いがしっかり一致しているか確認してください。


以下の3点については頭に汗をかきながら、自分自身を納得させる回答を用意して下さい。



(1)看護観について

まず自分はなぜ看護師になろうと思ったのか、もう一度冷静に振り返って考えましょう。
それによって、「看護師としての仕事」に対する自分らしい回答が導き出されます。



(2)看護師としての経験やスキルについて

とにかく医療現場では看護師が不足しています。

看護師を採用するにあたって、求人先は実務経験のある看護師の能力を見ます。

即戦力として働ける人を採用したいと考えているからです。ですので、これまでの経験
や看護師として身につけたスキルなど、具体的に説明する必要があります。

そして、自分は現場でどういったメリットをもたらすことが出来るかも考えましょう。



(3)応募理由について

面接を受けるにあたって求人先の施設規模、診療科目、主な特徴などを出来るだけ詳しく
調べましょう。多くの転職活動を行なっている看護師さんがこうしたことを嫌います。


しかし必ず応募した理由について聞かれるので、できるだけ面接館に好印象を持ってもら
えるようにするためにも、アナタの医師を最高の形で伝えられるように準備しましょう!


働きながら効率よく転職活動するためにも、利用者目線の徹底したサポート体制と豊富な
医療機関情報が自慢のナースではたらこなら面接に関しても徹底サポートしてくれます!




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »