■事前に考えをまとめる



面接で問われるのは、あくまでも自分の言葉でしっかり自分の思いを表現できるかという
ことなので、用意した回答と自分の思いがしっかり一致しているか確認してください。


以下の4点について頭に汗をかきながら、自分自身を納得させる回答を用意して下さい。



(1)退職理由について

退職理由は必ず問われると思っておいてください。

特に勤務年数が短い場合はなおさらです。

退職理由が育児や介護によるものであれば退職理由として話しても問題ありません。

しかし「人間関係の問題」「残業など勤務体系の問題」「給料など雇用条件の問題」
などであれば、面接官は良い印象を持つことはないでしょう。

ですので、退職理由としては適していません。

看護師として成長するためにキャリアアップを目指すといった、前向きなものであれば、
好印象を与えますが、そこにプラスして次の点について、しっかり考えましょう。



(2)転職への意識について

退職理由とプラスして「転職するにあたって何を意識したのか?」を問われるケースが
ありますので、あなた自身の看護師という仕事に対する考えをまとめてください。


そうすれば「看護師として成長するため」「キャリアアップのため」「資格取得のため」
といった理由が単なるキレイごとではなくなりますので、非常に有効です。


そして求人先を選んだ理由をプラスしてやれば、単なる気まぐれで転職を試みたのでは
ないと、「採用担当者」に対してアピールすることができます。



(3)医療事故について

医療機関の多くが大なり小なりの問題を抱えています。

その一つに医療ミス、医療事故があります。

医療ミス・医療事故はゼロにはなりませんが、限りなくゼロを目指すことはできます。

こうしたことから医療施設の多くがコンプライアンスを厳格化してます。

もし採用が決まれば、入職するわけですが、貴方が問題を引き起こす可能性もあります。

そこで、あなた自身の医療ミス・医療事故に関する考えが問われることもあります。

また、これまでどういったことに注意して医療ミス、医療事故を防い高も問われます。



(4)入職日について

退職届は提出しているが、引き継ぎなどの関係ですぐに退職できない場合があります。

そうした場合は、その旨を必ず伝えてください。

そして、おおよその入職希望日だけでも伝えるのが理想です。

すでに退職されている方はいつから勤務できるか、入職希望日を伝えて下さい。

働きながら効率よく転職活動するためにも、利用者目線の転職サポートと豊富な医療
機関情報が自慢の「ナースではたらこ」なら面接に関してもサポートしてくれます!




ナースではたらこ
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |