「常に応募先に問われることとは?」


病院などの医療機関が中途採用をするには明確な人材像があります。人材の入れ替えが
激しい職場であるため、「何ができるのか?」が常に問われることになります。


職場に配置されてからも職場の他のスタッフと比較されたりしながら、「何ができるのか?」、
「どこまでならできるのか?」が常に問われることになります。この点を常に意識しましょう。


ですので、これまで一人の看護師として実際に経験した仕事の中身やスキルなど全て実績
をもとに評価・判断されることになります。面接での応答も例外ではありません!。



「面接で採用担当者に選ばれるには?!」


中途採用の場合は、出来るだけ短期間で即戦力として働いてもらうことが望まれますので、
面接では常に自分は応募先のニーズを満たしていることを証明しなければなりません。


「これから頑張ります!」、「これから勉強します」 では採用担当者に興味を持たれることは
ないでしょう。どんな些細な質問に対しても曖昧にせずにはっきり答えなければなりません。


そうしないと、すぐに疑われしまいます。採用担当者は他にも沢山の応募者と接しなければ
なりません。貴方という存在に対して余計な不安を持たれてしまうと、先に進められません。



「はっきりと答えるだけで大きな差がでます!」


採用担当者にとって面接は「選ぶ作業」というより、「切り捨てる」作業に近いです。容赦なく
切り捨てていき、最後に残った人を採用するとしたほうが効率も良いわけです。


ですので、迷わずはっきり答えることを面接では常に意識して下さい。他にも沢山の応募者
がいるわけですから少しでも有利に立つためにも、こういったちょっとしたことで差がでます。


これは 転職活動に限ったことではなく、一看護師として新しい 職場に配置されてからも同じ
です。職場のスタッフを不安にさせないためにも非常に重要です!。



「面倒なことは 『 ナースではたらこ 』 におまかせ!」


病院勤務と並行しながら転職活動するのは容易ではありません。時間がない中で行うので
思ったように進みません。そこでオススメしたいのが「ナースではたらこ」です。


「ナースではたらこ」は 求人情報だけでなく、履歴書の作成や面接対策も徹底的にサポート
してくれるます!。そして、転職完了後もサポートしてくれるので安心です。


【ナースではたらこ】公式サイト >>




ナースではたらこ
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »