看護師の転職の場合は一般企業の転職と比較するほど面接はそれほど難易度が高くありませんが、 油断は禁物。事前にしっかり準備して面接していただくための手順を分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
「第一段階<入室・開始・職務などの確認>」 面接には一連の流れがあります。これは看護師の面接に限ったことでは他の職種・業種にも あてはまります。第一段階は入室して面接官と対面することから始まります。 ここでは「挨拶の仕方」、「立ち振る舞い
「看護師の面接は原点方式です」 基本的に面接は減点方式です。面接官とのやり取りでマイナス評価を避けることが重要視 されます。面接官も人間なので、その日の気分次第で評価が大きく変わることもあります。 例えば、一つ一つの質問に対する答えが遅か
「人は見た目で判断します!」 「人間見た目ではない! 心だ!」といったことを良く耳にしますが、人は見た目でしか判断 してくれません!。実際に人は初対面の場において見た目で9割以上を判断しようとします。 ですので、必然的に面接での第一印象が
「面接担当者の間違った比較が採用ミスへつながる!」 人は良くも悪くも至る所で比較したりされたりします。残念ながら面接ではとくにこうした傾向 が強いです。個別面接であっても面接官は当日面接を受けた応募者を比較します。 これが客観的基準によっ
「間違った情報に振り回される理由とは?」 新卒と異なり、中途採用の場合は求人先によって面接のスタイルが異なりますので、あまり にも気負いすぎてしまうとギャップがありすぎて、判断ミスにつながるので要注意です。 とにかく情報が氾濫していますの
「看護師の面接は1~2回が一般的」 一般企業の中途採用では、会社の規模によっても異なりますが、採用までに2~3回面接が 行われるのが一般的です。総務・人事などの専門部署がある会社は回数が多いです。 一方、看護師の転職先として最も多い病院な
「第一印象ですべてが決まります」 新卒の就職活動では男女ともに リクルートスーツが定番ですが、転職の場合は面接時の 服装であっても、かなりゆるいです。看護師の場合も例外ではありません!。 しかし、いくらゆるくても、常識の範囲内の服装にとど
「常識やマナーが問われます」 転職する看護師さんは実務経験があるので、「仕事に関する常識やマナーを当然わきまえて いる」と見られるため、面接では減点方式で立ち振る舞いが厳しくチェックされます。 言葉づかいなどを含めたマナーに関して、面接担
「事前に面接地を下調べしましょう!」 時間的に余裕があれば前日までに求人先に出向いて下調べしておくことをおすすめします。 面接当日は何が起こるか分かりません。遅刻することになったら目も当てられません。 仮に時間通りに間に合ったとしても、時
「入出から最初の挨拶」 面接スペースに呼ばれたらしっかり返事をしてください。もし待機している控室に面接担当者 が入ってきた場合は、座ったまま迎えるのではなく、すぐに立ち上がってください。 自らドアを開けて面接スペースに入出する場合は、2回