看護師の転職の場合は一般企業の転職と比較するほど面接はそれほど難易度が高くありませんが、 油断は禁物。事前にしっかり準備して面接していただくための手順を分かりやすく解説しています。


ナースではたらこ
「訪問するさいの注意点」 面接当日は早めに面接会場に訪れるのが常識です!。しかし、早ければ早いほどいいという わけではありません。あまりにも早すぎると社会人としての常識が問われてしまいます。 看護師の仕事は拘束時間が長くて急患など突発的な
「なぜ面接するのか?」 面接で面接官から質問されたことに対して適切に答えることができたからといって。採用される とは限りませんし、しっかり自己アピールできたからといって採用されるわけではありません。 面接は求人先と応募者のマッチングを互い
「本当のコミュニケーション能力とは?」 面接での会話のやり取りから採用担当者は応募者の看護師としてのコミュニケーション能力 も見極めます。コミュニケーション能力は医療現場で重要視されている能力の一つです。 医療におけるコンプライアンスの厳
「一度嫌われると転職は難しい?」 残念ながら「こう答えれば採用間違いなし!」といった絶対的な模範回答はありませんので、 もし面接の結果、不採用となったとしても、落ち込まないようにしましょう!。 マッチングに問題があって不採用となった場合で
「良好の基準とは?」 履歴書に「 健康状態・性格 」について記入するさいの注意点についてですが、「 健康状態 」 の基準は「予定されている業務に問題なくつくことが出来るのか?」が問われます。 ですので、問題なく薬剤師として業務をこなすこと
「第一印象が面接を左右します」 看護師の求人は多くても転職するのは決して簡単ではありません。マッチングが厳しく問わ れる面接で何度も落ちると次第に「次も面接で落ちるかも」といった思いに惑わされます。 そうなると面接を重ねるごとに緊張感が高
「話を聞くさいのポイントについて」 面接会場に入室し、挨拶を済ませて着席したら、いよいよ面接開始となります。面接担当者 と向き合うさいには必ず背筋を意識して伸ばし、全身で話を聞くつもりで挑んで下さい。 真剣に話を聞こうとする姿勢を悪く評価
「圧迫面接について」 「圧迫面接」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?。圧迫面接は、応募者に対して 面接担当者が意図的にプレッシャーをかける発言や態度による応募者の反応を伺います。 圧迫面接には色々なパターンがありまして、例えば質
「圧迫面接に遭遇する可能性」 「圧迫面接」が問題となっていますが、実際に圧迫面接に遭遇するケースはほとんどあり ません。しかし、圧迫面接に似た状況に追い込まれてしまう危険性は常にあります。 全ての面接担当者が好意的に応募者を迎えてくれるわ
「面接担当者の腹の中を探る」 同じ看護師の求人でも中途採用の応募者は職歴や経験内容もさまざまです。このため、 志望動機だけとってみても、確認すべきポイントが微妙に異なります。 基本的に面接担当者の多くが提出された応募書類(履歴書、職務経歴